晴明数秘術は、東洋の運勢のサイクル論と数秘術の二つの観点を主軸に、複数の術式を一体化し、多彩な切り口から、人生を読み解く手法です。

必要な情報は、お名前と生年月日(日時)のみですが、驚くほど、多様な運命の糸を紐解くことができ、腑に落ちる鑑定になっています。

術式の組み合わせ方により、主に、下記のことをお伝えすることができます。

1.東洋占星術(春夏秋冬理論)×九星気学
安倍晴明の時代から受け継がれてきた、東洋占星術に基づく暦のリズムから、運勢のサイクルと気力のバイオリズムを読み解き、過去から現在への流れと、これからの展望をお伝えします。

2.カバラ数秘術×やまと式かずたま術
生年月日の情報を、西暦と和暦の二つの観点から読み解き、ライフ・ストーリー(今世で選んだ生き方)や家系での役割を導き出し、適職や親族間のトラブル解決の糸口をお伝えします。

3.名前の音だま鑑定×やまと式かずたま術×西洋占星術
氏名が持つ要素を、名前の一音一音が持つ意味と、氏名に宿す数秘、ホロスコープの3つの角度から解析し、自身の性格や才能、使命との向き合い方をお伝えします。

このように、占いというと、タロットや易を思い浮かべがちですが、偶然の要素を介在させない術式は多様にあり、それらを一度に体感できる「術式のデパート」、それが、本鑑定の醍醐味になっています。

一見して、バラバラのパズルのピースに見える術式同士にも、きちんと、筋の通ったストーリーがあり、それらを脈絡を持って理解することができると、驚くほど、人生の見通しが良くなります。

ぜひ一度、あなたを構成する一つ一つの要素が、どのように絡み合って今を形成し、これからを方向付けているのか、体感してみていただければと。

鑑定の依頼は、下記にて承っております。

鑑定メニュー

人生のリズムに乗れてる? 西洋とは違い、東洋では、人の運勢には、一つのサイクルがあるものとして捉えます。

即ち、人生には、一つのリズムがあり、それを何度も繰り返し、螺旋の軌跡を描きながら、少しずつ異なる側面を見せているという考え方です。

ですが、螺旋ではなく、同一軌道上を旋回して、迷走し続けている方もいます。

同じリズムを繰り返しているならば、過去を検証することで、負のスパイラルに陥っていないかを検証できるということ。

そして、未来の展開も見通すことができるのです。

それが、東洋占星術の原理を知る強みとなります。

また、運勢にサイクルがあるように、あなたの気力・体力・モチベーションにも、固有のバイオリズムがあります。

あなたが絶好調サイクルにあっても、それに臨むモチベーションが、出力15%だったとしたら、限られたエネルギーをどのタイミングでぶつけていくかが大事になってくるところです。

こうした、運勢のサイクルと、気力や体力のバイオリズムを掛け算することで、あなたの立ち位置と、これからの展望を明確に掴み取ることができます。

独立や起業を考えているなら、どのタイミングで臨めばよいのかの見通しも、明確に見えてきます。

あなたは、人生のリズムに乗れている人ですか?

それを確かめる上でも、ぜひ一度、鑑定にいらしてみていかがでしょうか?
自分に向いていることって何? 世の中には、様々な才能や資質を読み解くツールがありますが、意外にも盲点になるのは、あなたの適性は、”生年月日に書いてあります”という観点です。

そして、あなたが、どのような生き方で人生のレールに乗っていくのかは、”氏名に書いてある”のです。

お名前と生年月日、このたった二つを読み解くだけで、あなたに向いていることや適職、今後どんな人間関係を必要とするかや、攻略すべき人生の課題に至るまで、様々なことを理解することができます。

また、結婚して苗字が変わることに伴う、人生の変化がどのような形でもたらされたのかも、同様に読み解くことができます。

もし、あなたが、家族仲は良いのに、なぜか新姓に馴染めず、「旧姓に戻したい」と感じているなら、必聴の内容をお届けいたします。
名前って画数だけじゃないの? 名前の構成要素を考えるとき、ほとんどの日本人は、姓名判断=「画数」として捉えがちですが、日本語の名前の場合には、実は、「音」が大事。

例えば、「や」という音を聞いたとき、そこにどんな意味を思い浮かべられますか?

弓矢の「矢」、昼夜の「夜」、数字の「八」…

日本語の音には、(「ん」以外は)一音一音に「母音」を伴うことで、たった一音、されど一音、様々な意味をその音の響きに宿すことができます。

和歌の掛詞から、落語のオチに使う語呂合せに至るまで、積み上げられてきた一音一音の響きのイメージが、日本人の名前の中に編み込まれているのです。

あなたは、自身の名前の、その一音一音に、どんな意味が宿っているのかをご存知ですか?

その音が名前の何番目にあることで、どんな使命が宿っているかを、理解できているでしょうか?

そして、名前の力は、その響きによってもたらされるもの。

あなたは、自分の名前を、省略することなく名乗り、省略することなく呼んでもらっていますか?

山田さんだから「やまちゃん」と呼ばれれば、「や」と「ま」の要素が、あなたに働きかけてきます。

その音は、あなたの本名と相性の良い音になっていますか?

呼ばれ方一つで、人生の一時代を為す。

それが、名前のもたらす力です。

ご自身のビジネスネームや、ハンドルネームも、そうした要素を持つことを踏まえて、あなたは、今、どんな名乗りをしているのか、確かめてみませんか?
人生で果たす使命に優先順位があるって本当? ご自身でやりたいこと、やり抜きたいことというのは、人それぞれあるものですが、人生の中で最優先に片付けねばならないことは、「家系のミッション」。

和暦の中に刻まれた、あなたのご先祖様から連なる、家系の立ち位置の中で、あなたは、何をしなければならない人なのでしょうか?

ここを踏まえずに、自身のやりたいことだけにフォーカスして動いても、うまく歯車が噛み合わないものです。

例えば、あなたに、「家長」の役割があるのに、実家を遠く離れて仕事をしていると、家のトラブルなどで、結局、志半ばに実家に戻ることになったり…といった具合に。

また、あなたにご兄弟がいるなら、不思議に思ったことはないでしょうか?

長男なのに、頼りなく、家のことに及び腰で、なぜか、三女の私が、親の面倒をみている…等々。

儒教の時代からの価値観を引きずる日本では、長男・長女信奉が強いですが、生年月日に刻まれた家系の役割は、必ずしも、年長者に、家長の役割が刻まれているわけではありません。

それぞれが、どんな役割を持って、家系のサポート体制を築いているのか?

それを整理して理解し、自身の家系での役割をきちんと果たした上で、初めて、ご自身固有の使命を果たす道が開かれるものです。

また、ご結婚されるときにも、

「俺は次男だから実家の跡は継がないから」

の一言を鵜呑みにしてはいけません。

そのお相手に家長の役割が刻まれているなら、ガブリ四つで、相手方の「家」と関係を持つことになるのですから。

親や子ども、パートナーには、どんな家系の役割を宿しているのか?

トラブルが起きる前に、一度、確認しておくことが大切だと思いませんか?
自己啓発にハマる前に知っておきたいことって? あなたは、自己啓発セミナーで自分を変えようと思ったことがある人ですか?

自分の中でコンプレックスになっていることを解消しようともがいたり、人の才能を羨み、自分もそうなりたいと憧れて手を伸ばしてみたり。

その一つ一つの試みは、真にあなたの血となり肉となったでしょうか?

あなたには、あなた固有の個性と才覚があり、そして、克服すべき苦手分野があるものです。

自身の性格との向き合い方や、才能の伸ばすべき方向性、何をクリアしないと次に進めないのか?

それらは、すべて、名前と生年月日に記されている情報で、誰もが知ることのできるものです。

闇雲に、自分がそうありたい自分像を目指すのではなく、「本来の自分像」という、土台を理解してからでも、あなたの”自分を変えるチャレンジ”は、遅くはないのではありませんか?

それを踏まえた上で、あえて方向性を異にする試みをするも、軌道修正するも、それは、あなたの自由意志。

少なくとも、自己啓発に10万円単位のお金をかけるだけの覚悟を持っているなら、受講前に、一度、「方向性の確認」をしておく価値は、あるのではないでしょうか?
引っ越し、移転を考えてるけど、いつにしたら? 婚約して籍を入れるなら、いつが良いでしょうか?

多くの方は、六曜(あるいは六輝)と呼ばれる、「大安」の日を選ぶでしょうが、これは、元々は時刻占いに使われていたもので、明治時代から、「吉日」判断に使われ始めたもの。

※その意味では、「友引」でお通夜を延期するのもここ最近の習わしと言えます。

元々、江戸時代には、「十二直」という吉凶判断が良く当たると参考にされており、明治期以降の新暦では、「二十八宿」が使われていました。

他にも、「一粒万倍」にみられるような「選日」の概念、年月日それぞれに割り当てられた十干十二支の吉凶など、吉日選びと一口に言っても、多様な観点があります。

占いの文化というのは、暦の歴史とともに発展してきた経緯もあり、僕の術式では、そうした、暦と深い結びつきのある東洋占星術+アルファの部分まで、網羅しています。

また、新居移転についても、吉日どりはとっても大事。

吉日なら60日、吉月なら60ヶ月、吉年なら60年にわたり、吉凶の影響を受けるからです。

こちらは、九星方位気学で網羅し、末永く幸せに暮らせる転居となるよう、お手伝いできます。

その他、独立後の開店日や、法人登録日、店舗移転日など、最高の「選日」を知りたい方は、とことん縁起を担ぎ抜いた日取りをお伝えしますので、気になっているなら、今すぐ鑑定のご依頼あれ。

お問い合わせ

時間帯によっては、電話に出られないことがあります。午後7時以降が繋がりやすい時間帯になっていますので、ご留意いただければ、幸いです。

ホームページランキング参加中

powered by crayon(クレヨン)